水道修理と漏水証明

中長期的に漏水している場合、結果的に水道料金が高くなり、その金額が修理の大きな負担になってしまうことがあります。そのようなときには漏水証明の手続きをとり、正しい料金で手続きをすることをおすすめします。

■漏水証明は取り付け業者が発行してくれる

水道管からの漏水で業者に依頼するときには、漏水修繕証明書の対応をしてもらことを忘れずに行いましょう。そのためには、まず、事業者や個人であったとしても、どこが破損しているのか、水道管の損害部分を自分でも写真に撮り、記録に残すようにしておくとよいでしょう。そうすれば、破損部分もわかりやすくなりますし、水漏れなどの場所に関して、漏水修繕証明書を所轄官庁に提出するときにしっかりと説明することが可能になります。

■正しく手続きすれば料金の減額になる

水道管の修理を業者に依頼するときには、事前に漏水修繕証明書の発行の件について伝えておきましょう。水漏れによる水道料金の減額に関しては自治体によって多少異なる場合がありますが、多くのケースにおいて申請には業者が発行する漏水修繕証明書が必要となります。例えば長期で出張などに行っていて、水道料金がかなり多くなった漏水の場合、金額の削減につなげることができる可能性があります。よく条件を確認し、該当するケースかどうかチェックしましょう。

■まとめ
漏水証明は水道管の修理を対応する業者であれば、発行可能なので修理を依頼するときに確認してみるとよいでしょう。長期的に留守にしているときに漏水した場合、水道料金が高額になる場合がありますので、後で水道料金の返還を受けるためにも、業者に漏水証明の発行の依頼を忘れないようにしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ