保険請求できる場合の水道管の修理

水道管の凍結など自然災害の場合、地震保険や火災保険に加入している場合、保険会社に請求できる権利がある場合があります。そのためには準備する書類、証明書、または、その他手続きも必要になりますので、煩わしいと感じても正しい手続きをするようにしましょう。

■保険では免責金額があることも

保険会社への保険請求の手続きは、水道管の修理、補修などの場合、一般的には特約で付加されています。一定の割合で免責金額が設定されていることもあり、一部が自己負担になることがあります。それでも修理費用が免責金額を上回っている場合は、保険会社に保険請求を行うといいでしょう。また、たとえ修理費用が高額になったとしても、保険の手続きを適切に行うことによって金額的な負担が少なくなります。このあたりは、実際に直接、保険会社に確認することで、修理で保険の対象になるかどうかを知ることができます。

■事業用の火災保険でも対象になることがある

事業用で飲食店などを経営している人であれば、火災保険に加入している場合が多いでしょう。実際にどのような保険の特約になっているのかを確認することはあまりないと思いますが、直接保険会社に確認して、手続きができるか確認してみることをお勧めします。保険対応については、難しい面や煩わしい面もあるでしょうが、正しい手続きをすることによって請求権を行使することができますので、手続きをよく確認することが大切です。


■まとめ
水道管の保険請求は、事前に写真撮影など被害の状態を証拠として残しておくことで、請求に該当する可能性があります。知らないからといって放置するのではなく、もし保険に加入しているのであれば、直接保険会社に確認するなどしてチェックしてみましょう。業者に修理を依頼したとしても保険請求の対象になる場合があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ